原デイサービスセンターにて、アロマハンドタッチングケアを行いました。

アロマトリートメント

 バラ園へお出かけです!

 こんにちは。介護アロマセラピースクールécru 岩澤です。

 5月半ばを過ぎ、この時期は通りのあちらこちらで色とりどりの花々に目を楽しませてもらえますね。私の勤務する原デイサービスセンターでも、先日、富士市のバラ園に行ってきました。当日は薄い曇り空での出発でしたが、到着時には晴れ間も見え、絶好のお散歩日和となりました。この公園は、一角がバラ園となっていて、この時期に課外活動として訪れるのが毎年恒例になっていますが、年々バラ園の規模が大きく立派になっているように思います。利用者の皆さんは、何日も前から楽しみされ、バラ園はもとより、車でのお出かけもまた遠足のようだと、笑顔でおしゃっていました。

 車を降り、普段はなかなか歩く機会の少ない方も、咲き誇るバラの方へ吸い寄せられるようにすすんで歩かれ、大きく、美しく咲いたバラに手を伸ばして、一生懸命顔を近づけ香りを楽しまれる姿に、同行するこちらも嬉しくなります。高齢になると自力での外出が難しく、まして遠方への外出はめったに出来ないと言います。今回のようなお出かけが、こうした皆さんの生活の楽しみになってくれているといいなぁと思います。

 

 

 アロマセラピストとしてのお仕事

 これまで業務の中で、行ってきたタッチングケアですが、今回は一日を通して、セラピストとしてさせていただくことができました。この日の午前中は、地域包括支援センター様の依頼で、「認知症カフェ」に参加させて頂き、「認知症とアロマについての説明」と「ハンドタッチングケア体験」をしていただき、午後は勤務する沼津原デイサービスセンターにて、利用者様へのハンドタッチングケアとなりました。(認知症カフェについては、後日お話したいと思います。)

 午後の時間を頂き、普段よりもお一人お一人にじっくりと向き合うことができたと感じています。タッチングを受けながら、ウトウトされる方。顔と顔を近づけての時間に、普段よりもたくさんお話ししてくださる方など様々です。それぞれの心地よい時間を過ごしていただき、皆さん施術後には、温かく、柔らかくなった手にとても喜んで下さいました。また、この日は、男性利用者様の施術も行うことができました。最初は、固くなっていた筋肉も、次第に緩み、更には目を閉じて休まれている様子に、セラピストとしてとても幸せを感じた時間でした。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました