2018/09/24

新しい挑戦です。臨床アロマセラピストへの第1歩!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
aroma-ecru
 40代で入った介護の現場で役立てたいという想いから、アロマタッチングケア―の道に進む。その後、現場での経験重ねながら、更に多くの人にタッチングの理解と技術を伝えるために、2018年介護アロマテラピースクールécruを開校。現在、現役介護福祉士であり、介護アロマセラピストとして活動している。

 季節が動き出したのを感じます。 

 こんにちは。介護アロマスクールécru 岩澤です。

 私の暮らす静岡県富士市では、ここ数日の秋の風にホッとするのと同時に、肌寒さまで感じています。つい先日までの猛暑はどこに行ってしまったのでしょうか?この時期は毎年来るのに、なぜか毎年着るものに困るのは、私だけでしょうか・・・

 新しい挑戦を始めます!

 さて、秋の風を感じ、これまで夏の暑さと、家族サービスの忙しさを言い訳にダラダラと過ぎて行った日々に別れを告げ、身体も頭も活動期に切り替えようと思います!そこで、先月半ばから新しい挑戦をスタートしました!

 これまでも介護アロマセラピストとして活動してきましたが、更に、代替医療としてのアロマセラピーを学ぶために、「ホリスティックケアプロフェッショナルスクール」に入学したのです。きっかけは、以前購入したアロマの著書の中で、様々な分野のアロマセラピスト紹介があり、そこで「臨床アロマセラピスト」の存在を知ったことでした。

 その瞬間まさにビビッ!!ときたのを今でも覚えています。40代半ばを過ぎた私が、これから医学書を読み、精油の化学の分野を1年かけて学ぶ・・・本当に迷い悩みました。悩んで、悩んで、でも、これまで自身が探してきた目指すべきセラピストの姿を。初めてこれだ!と思えるものに出会えた幸運を。今だから必死に学べる気がしたのです。こうして、私の無謀と思える1年がかりの挑戦がスタートしました。

 それからは時間を見つけては、課題を進める日々を送っています。慣れない医学用語に携帯とにらめっこしながら。精油の香りを言葉にするために、精油の嗅ぎすぎでクラクラしながら・・・。それでも、今まで知らなかった新しい知識が入ってくる楽しさを感じています。

 

 ぜひ、このHPを見つけ、このブログを読んでくださっている皆さんの中に、もし前に進むことに悩んでる方がいたら、こんな1主婦で、1母親の私でもなんとかやってるのだから、自分もやってみようと思って下さることを期待しつつ、これからも私の挑戦をお伝えしていこうと思います。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
aroma-ecru
 40代で入った介護の現場で役立てたいという想いから、アロマタッチングケア―の道に進む。その後、現場での経験重ねながら、更に多くの人にタッチングの理解と技術を伝えるために、2018年介護アロマテラピースクールécruを開校。現在、現役介護福祉士であり、介護アロマセラピストとして活動している。